マンションの毎月の管理費と修繕積立金について

分譲マンションを購入した場合、毎月「管理費」と「修繕積立金」の支払いが必要になりますね。

マンションを購入する際、物件価格だけでなく、毎月の管理費・修繕積立金の支払額にも注意が必要ですね。

今回は「管理費」と「修繕積立金」について考えてみました。

 

管理費とは、マンション内の清掃や点検のための費用

管理費とは、管理会社に支払うお金です。 このお金で管理会社は、日々のマンション内の共用部分の清掃やマンション設備の点検等を行います。 管理会社に管理を委託していないマンションでも自分たちでマンション内の管理や清掃を行いますので管理費が必要になります。

この管理費は、管理会社によって金額が結構異なりますので、よ~く確認してみてください。

 

修繕積立金とは、共用部分の大規模修繕の積立金

共用部分の大規模修繕のために貯蓄する積立金のことです。

10~15年に一度位のペースで、マンションの外壁や屋根、廊下等々の共用部分の大規模修繕工事が行われます。春や秋にマンション全体に幕が張られているのを見ることがあるかと思いますが、あれが大規模修繕工事です。

マンションの規模や築年数等にもよって大規模修繕の工事費用は異なりますが、ワタシが住むマンションでは、分譲後初めての大規模修繕工事で4,500万円くらいの費用が発生しました。

急にそんな大金支払えないので、毎月少しずつ修繕積立金として大規模修繕の費用を積み立てています。

新築マンションの修繕積立金の安さについて

最近では新築マンションのパンフレット等を見ると安いなぁ~と感じることがあるかと思いますが、修繕積立金が安いマンションは少々注意が必要です。 新築マンションを売りやすくするために修繕積立金を低めに設定している場合が多いからです。

そして、いざ購入したマンションの大規模修繕工事を行おうした場合にお金が足りなかったら、一時金として各世帯が数十万円の費用負担となることになります。 また、住んでしばらくしてから総会で「修繕積立金の改定」の議案が出され、修繕積立金が値上がりされることがあります。

修繕積立金は値上がりする可能性が高いことを覚えておくとよいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話で相談する メールで相談する LINEで相談する