洗濯機排水口のエルボは洗濯パンとセットです!

引越しシーズンもひと段落。

新居にお引越しをして洗濯機を設置する際に気づく…。

下の写真を見て『あれ?何か足りないぞぉ?』とお気づきになりますか?

足りないもの。

ソレは『洗濯機のエルボ』です。

 

 

洗濯機のエルボとは

洗濯機のエルボとは、洗濯パンの排水管と洗濯機の排水ホースを繋ぐ役目をしているL字形の継手管です。

その形が肘に似ているので肘の英語訳Elbow(エルボ)と呼ばれているようです。


 

エルボはサイズと口径が違うので…

設置されている洗濯パンのメーカーによって、サイズや口径が異なるため接続可能なエルボが異なります。

ですので、洗濯パンや排水口の型番を調べて一致するエルボを選ばなければなりません。

ホームセンター等には数種類のエルボが置いてありますが、一致するものが置いてある可能性は結構低いです。

 

なぜエルボが無くなるか

なぜエルボが無くなるのか?

それは引越しをする際に前入居者が洗濯機と一緒にエルボごと持っていってしまうから!

引越しの際に洗濯機の排水ホースを外さずにエルボ部分を外して、そのまま新居へ…。

 

でも、新居には洗濯パンにエルボが付いているはずです。

そこで前入居者さんは気づくのです!

 

「あれ?これは洗濯機ではなく、洗濯パンに付いていたモノなんだ」と。 

 

そして、そのエルボはゴミになってしまうのです

 

引越し先で持ってきたエルボはゴミになってしまう可能性が非常に高いのです。

 

エルボは洗濯パンとセットです

最後に強くお伝えさせていただきたいコトは、洗濯パンとエルボはセットです。

岬君と翼君と同じくらいセットです。

キン肉マンとキン肉マングレートと同じくらいセットです。

一茂さんと良純さん以上にセットです。

 

お引越しの際はエルボは選択パンに接続したままでお引越ししてください。

 

万が一、一緒に新居へ持っていってしまった場合、お手数ですが返却してください。

 

次の入居者さんもオーナーさんもワタシも困っちゃいます。

下の写真の状態でお引越しをお願いいたします。