厚木市愛甲の賃貸アパートのリフォーム打ち合わせで空室対策を

築年数が経過し空室のままの賃貸物件が増えてきていますね。

空室のままということは、お部屋をお探し中のお客様の希望に合っていないから。

お客様の希望も様々ですので、全ての希望にあわせることは不可能です。

ですので、まず出来ることから始めてみました。

今回室内リフォームを行った賃貸アパートは築30年強の物件です。

予算をあまりかけずに出来ることから始めてみました。

賃貸アパートの内装リフォーム

厚木市愛甲の賃貸アパート1Kのリフォーム打ち合わせを行いました。

築30年以上経過している賃貸アパートの内装リフォームです。

まずはクロスやCFの表装部分の内装リフォームの打ち合わせ。

築30年以上経過している賃貸アパートですので、リフォーム費用のかかる水周り設備の交換まではリフォームの提案を致しませんでした。

費用を掛けてリフォームして同じ賃料設定であれば、お客様にとってメリット大きいですが、リフォーム費用の回収はとても難しくなります…

賃料設定を上げたとしても、今度は築年数の浅い同賃料帯の物件がライバルとなりますのでなかなか成約が難しくなります…

という訳で、今回が表装部分の内装リフォームのみのご提案をさせて頂きました。

今回も吉田栄作さん風のリフォーム会社のマスターにお願いしました。

賃貸アパートの空室が多くてお困りオーナー様へ

築年数30年以上経過している賃貸アパートでも室内をきれいにして条件の見直しを行えば、まだまだ入居者さんに喜んでご入居していただけると思っています。

空室が多くてお困りの賃貸アパートオーナー様がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

入居者様に喜んで長く生活していただけるようなお部屋を考えます♪