リロケーション物件とは??|厚木市・伊勢原市・海老名市・愛甲石田駅の分譲賃貸マンション/リロケーション物件」を探しています

リロケーション物件とは

リロケーションとは、転勤者の留守宅を一定期間賃貸物件として貸し出すことです。

一般的な普通賃貸借契約ですと、2年毎の更新があり一度賃貸物件として貸してしまうと転勤等から戻ってきたときに明け渡してもらえる保証がありませんでした…。

しかし、1992年に借地借家法で「期限付借家権」が創設され、2000年に「定期借家権」が施行されたことで、オーナー様が決めた一定期間だけ賃貸物件として貸し出すことが可能になりました。

一定期間だけ貸し出す賃貸物件が、リロケーション物件と呼ばれます。

分譲マンションを賃貸物件として貸す分譲賃貸マンションは、貸し出す期間が決まっていない賃貸マンションのことです。一般的な賃貸借契約(更新可能な2年契約)を結ぶことが多いです。

分譲マンションを貸し出す際、

その分譲マンションに戻ってくる予定がある場合『リロケーション物件』として、戻ってくる予定がない場合『分譲賃貸マンション』として貸し出すことになりますね。

リロケーション物件は、

契約期間(2~5年位の一定期間)だけ貸し出して、契約期間が満了したら入居者さんは退去することになります。(契約期間満了後、入居者さんと「再契約」することも可能です)賃料は、期間が決まっているために同じマンションの『分譲賃貸マンション』と比べると若干賃料を低めに設定することが多いです。

一般的な賃貸マンションと比べると分譲マンションは、

一生住んでもらうために建てたマンションですので、マンション自体の構造、防音効果や設備のグレードが高いため「リロケーション物件」「分譲賃貸マンション」は人気があります。

人気のある「リロケーション物件」「分譲賃貸マンション」ですが物件量が少ないので、お部屋探しを探しているときに出会えればラッキーかと思いますヨ♪

気長に待っているお客様もいて、マンション限定で『空いているお部屋ありますぅ?』とお電話いただきます。

リロケーション物件・分譲賃貸マンション探しています

なかじま商事では、『厚木市』『伊勢原市』『海老名市』の分譲賃貸マンション・リロケーション物件を探しています。

お住まいの分譲マンションを貸したいけれど…初めてなので…というオーナー様にも上記エリアの分譲マンションであれば、適正な賃料設定から入居者募集のポイントを詳しくご説明できます!

また、「リロケーション物件」「分譲賃貸マンション」の管理物件も多数ございますので、「入居者募集」から「入居中のトラブル」「退去の立会い」まで賃貸借契約に関することすべてに対応できますので、ご所有の分譲マンションが空室になってしまうオーナー様は、ぜひ一度ご相談くださいませ。

 

電話で相談する メールで相談する LINEで相談する