「坪」「㎡(平方メートル)」「畳」の建物の面積表記方法について

不動産物件を探しに来られるお客様に「広さ」をお聞きすることが多いです。

『どのくらいの広さの物件がご希望ですか?』

『いまどのくらいの広さにお住まいですか?』などとお聞きします。

この質問の回答が『○○㎡です』とか『○○坪です』とか面積の表記方法が異なります。

建物をお探しのお客様は『○○㎡』と答え、

土地をお探しのお客様は『○○坪』と答える方が多いですね。

『坪』と『㎡(平方メートル)』の面積の換算方法について書いてみました。

 

1㎡は約0.3025坪

1㎡(平方メートル)は約0.3025坪です。

マンションをお探しのお客様は「○○㎡以上の広さ」と『㎡(平方メートル)』を使うことが多いです。

不動産の売買契約書では対象不動産の面積は「㎡(平方メートル)」で表示されますね。

70㎡=70×0.3025=約21.175坪です。

100㎡=100×0.3025=約30.25坪です。

 

1坪は約3.30578平米

1坪は約3.30578平米です。

土地や一戸建てをお探しの方は「○○坪位の土地探しています」と『坪』を使うことが多いですね。

建築面積のことを『建坪』ともいいますね。

40坪=40×3.30578=約132.23㎡

60坪=60×3.30578=約198.34㎡です。

 

1坪が畳2帖分となるには

1坪は畳2帖分とよくいわれますが、畳の大きさは地域等によって異なります。

団地サイズの畳の場合、2帖分でも約0.87坪にしかならず、1坪に足りません。

1坪=畳2帖になるためには、畳1枚が3尺×6尺の「三六間(さぶろくま)」でなければいけません。

ですので、6帖の和室でも3坪を満たしていないお部屋も多数ありますよ。

団地サイズの畳で6帖だった場合、約2.61坪(8.62平米)となります。