不動産を売却する前に断捨離をお勧めする理由

断捨離とは、

日々の生活の中で不要なものを断つ!または捨てる!ことでモノへの執着から解放され身軽で快適な生活を手に入れようというのが、断捨離の考え方です。

そんな断捨離不動産売却についてのお話です。

不動産売却はモノを捨てるビッグチャンス!

長年住んでいたご自宅をお住み替え等で売却したい!とお考えの方は不動産の売却活動を始める際に断捨離をはじめてみてはいかがでしょうか♪

不動産売却は不要なモノを捨てるビッグチャンス!です。

たんすの肥やしとなっている洋服やハンガー掛けになっている健康器具や箱に入ったままの食器達等々。。。

「モノへの思いを断って捨ててしまおう!」と思えば、捨てることが出来るモノって多いと思います。

捨てるモノの量は、住んでいるご自宅の居住年数に比例します。(マーフ○ーの法則っぽい)

年末年始等の長期休暇を利用してモノへの想いを断ってみるのはいかがでしょうか?

sativis / Pixabay

 

モノが少ないお部屋の不動産売却は早期成約にもつながります

不動産売却をする場合のお部屋の状態は2つに大きく分けられます。

それは『既にお引越し済みの空室の不動産物件』と『売却が決まってからお引越しする不動産物件』です。

既に空室の物件の場合であれば、既にお部屋にモノが無いため、お部屋は広く感じます。

居住中の物件の場合は、まだお部屋で生活をしているためモノが多いお部屋だと室内を狭く感じさせてしまいます。

せっかくの思い出の詰まったお部屋ですから、少しでも綺麗な状態を見てもらいたい♪

魅せ方』も不動産売却には重要です。

モノが少ないお部屋は広く見えますし、『綺麗に住んでいたんだなぁ~』『大切に住んでいたんだなぁ~』と内覧にこられたお客様に感じていただけます。

プラス要素が多いお部屋は、早期成約にも繋がります。

そして、お部屋の売却が決まった際もモノが少ないお部屋はお引越しが楽ですしネ♪

 

というわけで、『不動産売却の前には断捨離』をお勧めします。

「不動産売却をしたいけど、モノが捨てられない…」という方は、是非ご相談ください。

モノを捨てるアドバイスいたします。

我が家の断捨離風景はこちらです