空き家・空室の管理お任せください【地域限定:厚木市・伊勢原市・海老名市】

厚木市内には『賃貸』や『売買』の活動がされていない「空き家」が2,200件強あります。

社会問題となっている空き家問題。

今はまだ一戸建ての空き家だけが問題視されていますが、

区分所有建物(マンション・団地)の空室も増えてきています。

放置された空き家・空室は資産価値を下げるだけでなく、思わぬ『問題』を伴います。

※『空き家・空室』のご近所さんも一読ください。

空き家・空室の管理が大変で・・・という方にご一読いただければと思います。

 

 

空き家・空室をそのまま放置しておくと

人が住まなくなった建物・マンションをそのまま空き家・空室として放置しておくとどうなるでしょうか。

人が住まなくなった建物の老朽化は非常に早いです。

空気が循環されていない建物は、湿気等によりカビが発生したり建物の木部が腐食したりするので、建物の老朽化が進行してしまいます。

また排水口に水が流れないと排水トラップ内が空となり、衛生害虫や匂い等が発生します。

庭木が伸び放置されている空き家とわかると「不法侵入者」や「不法投棄」をされる原因となります。

 

放置された空き家・空室で『問題』が起きた際、一番迷惑がかかるのは『ご近所さん』です。

※ご近所の『空き家・空室』を教えてください(秘密厳守いたします)

 

実際にあった空き家で起きたご近所トラブル

空き家の所有者さんは近所に自宅を所有しましたが、生まれ育った思い出の詰まった実家だったため、売却等せずに空き家のまま所有していました。

それからしばらくして空き家のご近所さんから連絡がありました。

『軒下に大きなスズメバチの巣が出来ている。なんとかしてほしい』と。

すぐに業者に依頼してスズメバチの巣を撤去しました。

 

それからしばらくして、またご近所さんから連絡がありました。

『また、スズメバチの巣が・・・』と。

更に敷地内にガスコンロが捨ててあったそうです…

 

久しぶりに実家に戻ったら、荒れていた

今は空き家となってしまった実家。

生まれ育った実家なので、思い出がたくさん詰まっていて『売却物件』や『賃貸物件』で活用したくない。

という方のお話です。

久しぶりに実家を見に行ったら、荒れていた。

室内の大きな蜘蛛の巣が張られていました。

畳に黒っぽいカビが一面に…。

トイレの水がカラカラに乾き、下水の匂いがひどかった。

等々、数ヶ月の間にだいぶ荒れてしまったとのコトでした。

思い出の詰まった実家は売却・賃貸物件に出したくない。という方、多いと思います。

でも実家が遠方でこまめに戻れない…。

という方に当事務所では『空き家・空室管理サービス』を行っています。

 

空き家に関してお悩みをお持ちの方、ご相談ください

  • 今はまだ空き家・空室を「貸したり」「売却したり」等の不動産の活用をすることが出来ない。
  • 転勤や両親が介護施設に入り、一定期間だけ空室を管理してほしい。
  • 遠方に住んでいて、建物や空室を管理できない。
  • 庭木が伸び、ご近所さんから連絡が来た。ゴミの不法投棄があった。
  • 近所の空き家に不法投棄があったり、庭木が伸び放題で気になっている。

等、空き家に関してお困りのことがあれば、お問い合わせください。

当事務所では、空き家に関して『賃貸』『売却』だけでなく、『空き家・空室の管理サービス』を行っています。

まだすぐには空き家や空室の売却等できない方は是非ご相談ください。

『空室・空き家の管理は、月額いくらです!』とは設定していません。

客様のご希望にあわせて、管理内容や金額をご相談させてください。そのため、地域限定とさせていただいております。

 

 

電話で相談する メールで相談する LINEで相談する